特殊作業やゴミ問題で お困りの大家さん、不動産管理会社さん

私ども「わんぱくお掃除隊」は埼玉県を中心に
東京都・神奈川県・群馬県で業務をさせていただいております!

高齢化社会と数年前から言われていますが
私どもも確かに高齢化していると感じています。
しかし、問題は高齢化だけではありません。
「核家族が増加していること。」
家族や親族との繋がりや近隣住民との繋がりがなくなっているという問題です。
人に対して無関心な状態が「隣は何をする人ぞ。」を作り出しています。
家族間、親族間、近隣とのトラブル等を避けたいからあまり付き合いたくない…。
悲しいことに人知れず孤立し一人で亡くなる方がいます。

賃貸などで孤独死をされていた場合は発見されることが遅れてしまうケースが多いです。
貸している側の大家さん、不動産管理会社さんはその後があります。
孤独死されていた後は、片付けなくてはならないのです。
「特殊清掃 (作業)」が必要になります。
亡くなられていた部屋へ入るときは全身を覆う防護服を必ず着用し
マスクとゴーグル、ビニール手袋を着けて
噴霧器で部屋全体を消毒してから片付けの作業に入ります。
真夏は、部屋の窓を開けることも出来ないままの作業となるため
防護服の中は全身汗だくの状態になります。
臭いの元を出来るだけ取り除かない限り、部屋の臭いがなくならないため
畳やフローリングを剥がします。
畳やフローリングの下に染み込んでいる場合は、下の板も取り除かなければなりません。
大家さんや不動産管理会社さんからご依頼を受けた時は必ず
その事をご説明させていただきご理解をしていただいております。
最終作業として、消臭のためオゾン処理をしていますが
その後に光触媒消臭を行います。

人知れず亡くなっているのが見つかる孤独死ほど、悲しいことはありません…。
誰しも、家族や親族に見守られながらと思うものです。
こんなことがこれから少しでも少なくなっていくことを願うばかりです。

特殊作業をたのみたいが、良い業者が分からないとお困りの大家さん、不動産管理会社さん。
是非ともご連絡下さい!

ゴミ屋敷の片づけや不要品の回収や買取も 行っています。

ご相談だけでも結構です。
お問い合わせは、LINE・電話・お問い合わせホームから出来ます!
ご連絡をお待ちしています!

;